手拭い

オリジナル手ぬぐいの加工方法には、大きく分けて、本染め(注染)とプリントの2種類の加工方法があります。

本染め(注染)の手ぬぐいは、プリントの手ぬぐいと違い、色やデザインが均一に仕上がりません。それが逆に職人が1枚1枚手染めするあたたかみを演出します。

プリントのオリジナル手ぬぐいは、カラフルで細かいデザインを表現を必要とするバンドのライブグッズやアーティストのコンサートグッズにも多用され、販売されています。

こちらの本染め(注染)の手拭いです。

デザインが生地の裏まで抜けていますね。これが本染めの特徴となります。きっちりしたラインはプリントのようには出ませんが、ちょっとしたにじみ(泣き)も良い味が出ます。生地そのものを染めているので風合いも損ねることはなく、自然な使い心地も最高となります。

こちらのプリントの手拭いです。

​プリントタイプの特徴としてかなり線がきっちりと出ますので、細かな描写まで再現が可能となります。風合いは本染めのように柔らかなではありませんが、専用インクが発達していますので風合いも良いですよ。白地ベースにお勧めです。

デザインや用途等によってプリント方法違いやプリントデザイン、価格などのご相談させて頂きます。

お問合せお待ちしております。

神社のぼり

神社や地区で来年度の新調をご検討されている場合は是非当店にご相談下さい。
南房総、館山、鴨川地区のご相談は営業へお伺いさせて頂きます。

神社のぼり作成には40日~60日のお時間がかかります。

お早めのご検討、ご相談お待ち致します。